Home / Uncategorized / こんな願いを込めてみた・・・:育児する教育学者

こんな願いを込めてみた・・・:育児する教育学者

 第一子誕生から早いもので、昨日でちょうど2週間になりました。
 最近、よく
「お名前はなんとつけたのですか?」
 と聞かれるので、その由来を。この上なくプライベートなことで、ほとんどの方には、何の役にも立たないと思いますが、どうぞご容赦下さい。
 我が子には「タク:TAKU」という名前をつけました。TAKUには3つの意味をこめました。
 —■日本語:匠な人
 文字通り「匠=ワザ」をもった「人」という意味です。何でもいいから「ワザ」をもち「代替可能性のない人」になってほしい、という1つめの願いです。■ドイツ語:Takt
 TAKUはドイツ語で「指揮・指揮棒」の意味があります。ここぞという時には、リーダーシップを発揮できる人になって欲しい、という2つめの願いです。■英語:Tact
 TAKUは英語で「機転」という意味です。空気を読んで、機転がきかせる人間になって欲しい、という3つめの願いです。
 —
 この場におよんで3つも願いを込めるとは、親バカ+名前負けの見本かもしれません。が、元来、親とは、そういうものなのだから仕方がありません。
 最近は少しずつですが、成長してきているようです。それは「今まで見ていたもの」を一つずつ失っていくプロセスでもある、カミサンは言います。
 たとえば、今まで「えへっ、えへっ、えへっ」と女の子のように泣いていたのに、それが、だんだんと力強く、そして太くなっていく。
 まぁ、男の子らしく成長した、といえばそれまでよ、なのですが、親としては少し寂しさを感じたりするものです。
 ともかく、今日は「検診」の日です。
 嗚呼、早いものです。

続きを読む:http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/846

About yuuki

Check Also

危険性が高く…グアテマラ噴火の行方不明者の捜索を打ち切りに

ざっくり言うと 110人以上が …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です