Home / Uncategorized / 大谷翔平の右肘悪化させた原因を米メディア分析 スイングも一因?

大谷翔平の右肘悪化させた原因を米メディア分析 スイングも一因?

ざっくり言うと

大谷翔平の右肘じん帯の傷が悪化したとされる原因を、米メディアが分析した
全力の投球の影響や、登板間隔が不定で負荷のバランスが崩れた可能性を指摘
スイングが一因との説は「肘への衝撃は投球時の3分の1しかない」と否定した

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/14855788/

About yuuki

Check Also

危険性が高く…グアテマラ噴火の行方不明者の捜索を打ち切りに

ざっくり言うと 110人以上が …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です