Home / 人工知能 / アリババの「DAMOアカデミー(达摩院)」が人工知能向け半導体チップ「NPU」開発発表 | GloTech Trends

アリババの「DAMOアカデミー(达摩院)」が人工知能向け半導体チップ「NPU」開発発表 | GloTech Trends

米中貿易摩擦において米がZTEに対し部品供給制限を行った。中国の半導体分野でのグローバル競争力欠如が露呈した形である。5月初旬、習近平が国策としての半導体開発を強化するよう指示を出し今度の中国の半導体業界に影響を及ぼしそうだ。

【前提】2018年1月末時点の世界半導体売上シェアまとめ、中国勢の存在感なし 

まず半導体業界を把握するために2018年1月末時点の世界半導体メーカーの売上シェアを表で確認しておきたい。

2017年世界半導体メーカー売上高ランキング(出典元:Gartnar)

1位と3位にSamsungとSKが入り韓国勢の存在感が際立つ。8位に日本勢トップとして東芝が入り、その他のトップ10は、アメリカ勢がほぼ独占しているのが世界半導体の現状である。

この表を見ても、スマホやパソコンなど電子機器の中核パーツとなる半導体分野では中国勢の存在感はない。中国の半導体市場規模と生産高は近年着実に増加しているものの技術水準では世界のトップ半導体企業には及ばず、遅れているのが現状なのである。

こうした状況のもとで、アメリカは米中貿易摩擦を有利に展開すべく、ZTEに対する部品供給を制限したのである。スマホを製造する上で中核パーツとなる半導体チップがアメリカから供給されないこととなれば、ZTEのスマホ製造がたちまち停止することとなる。代替となる製品も中国国内には現段階で存在しないのである。既に、ZTEはこうした措置を受け会社の存続をも脅かされる大問題に発展している。同様に、中国No1メーカーの華為(ファーウェイ)に対してもアメリカ検察による捜査要求を継続するなど、中国のスマホメーカーにとって緊迫した状況が続いている。

今回の米中貿易摩擦を見ていると、国家間の交渉を有利に展開するためには、コアパーツとなる半導体産業を自国に抱えておくことは重要なファクターであることを認識させられる。日本は、東芝の半導体部門の今後の動向に関して、国策として再検討する必要があるのかもしれない。

急速に高まる中国国内の半導体業界の危機意識!アリババも参入

アメリカがZTEに対して行った部品供給は、ZTEの存続危機に発展する大問題となっている。既に、中国ではこの問題を国家的な危機と捉え、半導体産業にリソースを注力する動きが加速している。5月初旬習近平は、コア技術を自国で保有する大切さについてコメントを出し、半導体技術の大きな飛躍を加速させるように各所に指示を出している。今後の国策に半導体産業の強化が盛り込まれる事になりそうである。

習近平の報道よりも一足先に動き出していたのはアリババである。既に、米中貿易摩擦の真っ只中の4月20日にアリババが半導体開発分野に参入することが発表されている。

アリババのDamoアカデミー(达摩院)がNPU(ニューラル・ネットワーク・プロセッシングユニット)分野に参入

4月20日、アリババの最高峰研究機関であるDamoアカデミーが半導体分野に参入することを発表した。この内容は、ジャック・マーが4月25日に行われた早稲田大学での講演でも言及されているので日本のメディアでも取り上げられている。

アリババのDamoアカデミーが発表した内容では、参入する分野はCPUでもなくGPUでもなく、より人工知能解析と融和するNPU(ニューラル・ネットワーク・プロセッシングユニット)と呼ばれる人工知能向けの処理専用チップの分野である。NPUを活用する事によって、画像解析や映像解析を活用したディープラーニングの分野で、抜群の処理スピードと消費電力の低減を実現できると言う。

Damoアカデミーは、世界7箇所の研究所で3年間1000億元(1兆7000億円)にものぼる潤沢な研究開発費を有しており、この予算の一部を活用して最先端技術を有する半導体製造に着手しようと言うのである。具体的な製品発表や発売時期には言及されていないが、人工知能のアリゴリズム処理に最適な半導体を製造し、価格、処理速度、消費電力などあらゆる性能を考慮し、現製品の40倍の効率を実現するチップ開発を目指すという。

現在は、アメリカと上海の2箇所でプロジェクトが進行しているが、今年末までに100名体制を構築し開発を急ぐと言う。

2017雲栖大会シリーズ(1):アリババがDAMOアカデミー (达摩院)と言う研究機関を世界7カ所で設立、3年間で1000億元を投資。

アメリカが米中貿易摩擦で中国に対して過度な刺激を与えた事で、中国は自国で半導体産業を発展させるという大きな野心を抱く事になったかもしれない。今度の両国の産業レイアウトにどう影響を及ぼすのか、注視しておく必要がありそうだ。

記事タイトル:アリババの「DAMOアカデミー(达摩院)」が人工知能向け半導体チップ「NPU」開発発表 | GloTech Trends
引用元サイト:https://glotechtrends.com/alibaba-damo-academy-ai-180507/

About yuuki

Check Also

株式会社ホールハート運営の就活生プログラム「EDOTEC GLOBAL SCHOOL東京校 人工知能コース」第二期募集開始

株式会社ホールハート運営のAI …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です