Home / 人工知能 / ウエスタンデジタル、人工知能対応ビデオ監視システムを実現する大容量ハードディスク製品を発表

ウエスタンデジタル、人工知能対応ビデオ監視システムを実現する大容量ハードディスク製品を発表

監視システムの分野ではカメラの解像度が向上し、リアルタイムでのEdgeアナリティクスを必要とする新たなアプリケーションが登場しています。ウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ: WDC、以下ウエスタンデジタル)は、ディープラーニングに対応し、AllFrame AIテクノロジーを搭載した、業界最大容量の監視システム対応ハードディスクドライブWestern Digital® Purple 12TBを投入し、監視システム向け製品ポートフォリオを拡大します。本日発表した新製品は、複数の高解像度ビデオストリームのキャプチャと、録画されたデータにアクセスしてディープラーニングや解析を同時に行うことができ、ビデオ監視の新たな可能性を切り開きます。この機能は新たに広がりつつある人工知能(AI)機能搭載DVR(Digital Video Recorder)およびNVR(Network Video Recorder)システム専用に設計されており、AIがバックグラウンドで継続的なラーニング(学習)をしながら、イベントのリアルタイム検知を支援します。

米IT調査会社IDCの予測*によると、監視ソリューションによって創出されるビッグデータ(エクサバイト)は2021年までに年間25パーセントの割合で拡大します。これは、設置されるカメラの高機能化、解像度の大幅な向上、アプリケーションのインテリジェント化、アナリティクスおけるビデオ活用の世界的な拡大によるものです。従来のビデオ監視システムは動く物体を検知するのみで、詳細な解析機能は提供されていませんでした。新型のシステムでは、リアルタイムのEdgeアナリティクスなどの機能が追加され、物体の検知精度が向上しています。これまでは、動物、木の葉、さらには光などがアラームを誤作動させることがありましたが、AI搭載システムでは動く物体を検知するだけでなく、解析を行うことで、潜在的な脅威となるかどうかを判断することができます。

さらに、ディープラーニングのアルゴリズムは動く物体の検知だけでなく、顔認識や行動予測といった高度な機能にも対応し、小売業界やエンターテインメント業界での活用も促進します。

ウエスタンデジタル デバイスビジネスユニットのプロダクトマーケティング バイスプレジデントを務めるブレンダン・コリンズは、次のように述べています。「ネットワーク録画システムはスマート化しています。AI対応NVRは新しいGPUやCPUに合わせて設計され、ディープラーニングの全体的な機能が向上し、物体認識や顔認識に関するアルゴリズムの高速化を実現しています。ディープラーニング対応NVRは、数週間から数ヶ月分の保存ビデオから特定の人物の顔画像の検索や、長時間の店舗監視ビデオデータから人物の動き(動線)マップを作成するなど、より高度なアナリティクスを行うために、単体のカメラより大容量のストレージや高度なプロセシングが要求されます」

Hikvisionヨーロッパのプレジデント、デレック・ヤング氏は、次のように述べています。「当社の監視ソリューションの拡大に伴い、スマートシティー、インテリジェントな交通機関、その他監視アプリケーション向けに世界中に設置されている何百万台ものカメラからの動画データのキャプチャ、保存、解析に必要なストレージ容量は拡大し続けています。ウエスタンデジタルの12TBの監視システム向けドライブを始めとする製品ポートフォリオを活用することで、当社のお客様に最適な監視ソリューションを提供することができます」

ウエスタンデジタルのPurple 12TBドライブは、互換性のあるビデオ監視システム向けに、さらなる大容量のストレージを提供します。ウエスタンデジタル Purple 10TBおよび12TBは、AI対応システム専用に設計されたAllFrame AIテクノロジーに対応しています。これにより、他社製品の最大2倍となるAIチャンネルをサポートし(AIチャンネル16/AIストリーム32)、より高機能の次世代システムも見据え、監視システム市場におけるディープラーニングや動画解析の継続的な進化を可能にします。

提供時期について
ウエスタンデジタルの監視システム対応ドライブPurpleは、ウエスタンデジタル認定リセラーネットワークを通じて提供されます。日本では、7月下旬の出荷開始を予定しています。詳細についてはウエスタンデジタルの販売代理店までお問い合わせください。新製品はビデオ監視カメラ向けに設計されたウエスタンデジタルのPurple microSD™カード製品のラインナップに加わり、Edge-to-Coreの監視ソリューションに対応する製品ポートフォリオを提供します。ウエスタンデジタルPurple製品について詳しくは、IFSECインターナショナルの当社ブース(会場:Excel London UK、スタンド#E200)またはhttps://www.wdc.com/solutions/edge-to-core.htmlでご覧いただけます。

■ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データ社会が発展する環境を創造し、かつてない多様化を遂げるデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサー、パーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタンデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタンデジタルのデータ・セントリック・ソリューションは、G-Technology、HGST、サンディスク、Tegile、UpthereおよびWDのブランドで提供します。

■Forward-looking Statement
This news release contains certain forward-looking statements, including the expected availability, benefits, features, pricing and performance of the Western Digital Purple surveillance drive. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: changes to specifications from standards organizations, volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company’s filings with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”), including the company’s most recently filed periodic report, to which your attention is directed. You should not place undue reliance on these forward-looking statements, which speak only as of the date hereof, and the company undertakes no obligation to update these forward-looking statements to reflect subsequent events or circumstances.

*  IDC Worldwide Hard Disk Drive 2017-2022 Forecast, May 2018, Doc #US43766218

© 2018 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.
Western Digital、Western Digital ロゴ、WD Purpleは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。microSDマークとロゴはSD-3C, LLCの商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。ストレージ容量としての使用において、1テラバイト(TB)は1兆バイトです。実際に利用できる容量は使用環境によります。写真は実物と異なる場合があります。製品の仕様は、予告なく変更される場合があります。

記事タイトル:ウエスタンデジタル、人工知能対応ビデオ監視システムを実現する大容量ハードディスク製品を発表
引用元サイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000177.000007184.html

About yuuki

Check Also

AI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」学校法人佐藤栄学園 さとえ学園小学校で導入:時事ドットコム

[コンパス] ~AI(人工知能 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です