Home / 人工知能 / 人工知能専門メディア『AINOW』にてAI研究のトレンドがわかる「AI Lab Map 2018」を公開!国内約300件の研究者・大学別テーマを集約:時事ドットコム

人工知能専門メディア『AINOW』にてAI研究のトレンドがわかる「AI Lab Map 2018」を公開!国内約300件の研究者・大学別テーマを集約:時事ドットコム

[ディップ]

 総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮、以下ディップ)は、人工知能専門メディア『AINOW(エーアイナウ)』(http://ainow.ai/)にて、国内約300件の研究者・大学別テーマを集約したAI研究のトレンドがわかる「AI Lab Map 2018」(http://ainow.ai/labmap2018/)を2018年4月23日(月)より公開いたしました。

人工知能に関係する研究者300名を紹介する「AI Lab Map 2018」
 昨今、企業と大学研究室との共同研究が盛んになり、政府においても人工知能技術戦略会議内に産学連携会議を設けるなど、産学連携を推進しています。また産学連携をテーマにしたイベントも全国で多く開催され、昨年に増して企業と大学研究室の双方が積極的に取り組んでいることがわかります。
 この度、AIの導入を検討している企業とAIを研究している研究室の双方が繋がり、AIに関わる事業促進やAIを研究する学生の就職活動に役立てることなどを目的として「AI Lab Map 2018」を4月23日より公開いたしました。昨年2月に公開した「AI Lab Map 2017」(http://ainow.ai/labmap/)から、掲載数は1.8倍の約300件となりました。
 人工知能専門メディア『AINOW』は、今後も企業と研究者・大学を繋ぎ、産学連携のお役に立てるよう、引き続き情報整理を行なってまいります。

◆国内のAIに関連する研究室をカテゴリ別に分類
 AIに関連する研究分野を大きく「ソフトコンピューティング」「ロボティクス」「汎用AI」「関連領域」の4つに分類し、それらを扱う大学の研究室を一覧化しました。どの大学に、どのような専門性を持つ研究室があるのかが一目でわかります。また、地方別に色分けされており、近隣の研究室を探す際に役立ちます。
URL : http://ainow.ai/labmap2018/

◆研究キーワードのトレンドがわかる
 各研究者・大学の専門性や得意とする分野は様々です。「AI Lab Map 2018」では、各研究者・大学が公表している研究キーワードを収集し、リストにしています。地域別に色分けもされているので、共同研究先を探すだけでなく、学生の進学先検討など、さまざまなシーンに役立てていただけます。

◆ 『AINOW(エーアイナウ)』 (http://ainow.ai/)の特徴

日本初のAI専門メディア
今までなかったAIに関する記事だけを取り扱う専門メディアです。
情報掲載数は2万件以上!日本国内のAIに関する最新ニュースをAIが収集
国内のWebサイトからAIに関する情報を収集。AIに関する情報収集は『AINOW』で完結できるメディアを目指します。
記事をユーザーが評価、探す必要なく役立つ情報が見つかる
ユーザーが役立つと評価した情報が分かるので、効率よく情報収集することができます。

◆◇◆企業概要◆◇◆
【ディップ株式会社 概要】

 ディップ株式会社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2018年2月期売上高380億円。

企業プレスリリース詳細へ
(2018/04/23-11:01)

記事タイトル:人工知能専門メディア『AINOW』にてAI研究のトレンドがわかる「AI Lab Map 2018」を公開!国内約300件の研究者・大学別テーマを集約:時事ドットコム
引用元サイト:https://www.jiji.com/jc/article?k=000000442.000002302&g=prt

About yuuki

Check Also

形状を見分けてモノを分別、人工知能で進化するピッキングロボット

wellphoto / shu …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です