Home / 人工知能 / 0.002%の不良品も見つけ出す「人工知能の眼」は、製造業に何をもたらしたのか?

0.002%の不良品も見つけ出す「人工知能の眼」は、製造業に何をもたらしたのか?

0.002%の不良品も見つけ出す「人工知能の眼」は、製造業に何をもたらしたのか? – ログミー

世界をログする書き起こしメディア

0.002%の不良品も見つけ出す「人工知能の眼」は、製造業に何をもたらしたのか?

2018年2月22日、虎ノ門ヒルズフォーラムで、株式会社ABEJA主催による人工知能の今がわかるカンファレンス「SIX2018」が開催されました。プログラム「『人工知能の眼』による検品自動化。次世代の製造現場とは」では、武蔵精密工業株式会社の村田宗太氏が登場。自動車の重要機能を支える部品を製造する同社が、高精度な製品を作るために検品作業を人からAIに移行し、工程を自動化するための事例を紹介しました。本パートでは、自社のこれまでの取り組みと、AIを導入するに至った経緯を語ります。

(提供:株式会社ABEJA)

シリーズ
SIX 2018 > 「人工知能の眼」による検品自動化。次世代の製造現場とは

2018年2月22日のログ

スピーカー
武蔵精密工業株式会社 AIプロジェクト 村田宗太 氏
0.002%の不良品も見つけ出す「人工知能の眼」は、製造業に何をもたらしたのか?

人気ログランキング

ビジネス,テクノロジー,

Copyright © logmi All Rights Reserved.

記事タイトル:0.002%の不良品も見つけ出す「人工知能の眼」は、製造業に何をもたらしたのか?
引用元サイト:https://logmi.jp/272016

About yuuki

Check Also

AI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」学校法人佐藤栄学園 さとえ学園小学校で導入:時事ドットコム

[コンパス] ~AI(人工知能 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です