Home / 人工知能 / Google Researchは「Google AI」に改名へ、人工知能に焦点

Google Researchは「Google AI」に改名へ、人工知能に焦点


 
Googleの研究部門はGoogle Researchと呼ばれていましたが、「Google AI」へとリブランディグされ、人工知能(AI)に焦点を当てたものとなっていくことが明らかになりました。

研究活動はAIが中心になっていくのか

5月8〜10日間の3日間にかけて開催されているGoogleの開発者会議Google I/O 2018で、Google Researchが「Google AI」へと生まれ変わったことが公表されました。この改名から、AIの要となる、コンピュータビジョン、ディープラーニング、音声認識に、Googleがいかに熱をいれているかが伺えます。
 
Google AIのブログ投稿には、「Googleで起こっているすべての最新の研究を”Google AI”としてまとめることができる」と、リブランディングについて述べられています。
 
「Google AI」への改名に最初に気がついたのは米スタンフォード大学の博士過程の学生のウラジーミル・クレショフ氏(@volkuleshov)です。
 
「間違っているかもしれないけれど、Google Researchが”Google AI”へと改名されているようだ。」
 

 
Google Researchのホームページも、Google AIへと切り替えられています。
 

ai.google.com

 
 
Source:Google AI via Forbes
(lexi)

記事タイトル:Google Researchは「Google AI」に改名へ、人工知能に焦点
引用元サイト:https://iphone-mania.jp/news-211727/

About yuuki

Check Also

AI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」学校法人佐藤栄学園 さとえ学園小学校で導入:時事ドットコム

[コンパス] ~AI(人工知能 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です