Home / 人工知能 / 不動産業界で進む人工知能&ロボット投入…仲介業務を代替

不動産業界で進む人工知能&ロボット投入…仲介業務を代替

Photo by REX Real Estate HP

不動産仲介業を代替する人工知能(AI)ロボットが登場し話題となっている。AIロボットの名称は「レックス」(REX)。潜在的な住宅購入希望者を探し出し、カスタマイズされた住宅情報を提供する。開発を進める企業はレックス・リアルエステート・エクスチェンジだ。

レックスはまず、インターネット上で不動産や住宅を探している“潜在的購入者”と、彼らの趣向をデータとして収集する。主にフェイスブック、インスタグラム、スナップチャットなどSNSメディアが情報収集の舞台となり、集めた情報をもとに顧客に不動産商品をマッチングさせていく。

レックスには、潜在的購入者の質問に答えるアシスタント機能もある。レックスの開発者担当者によれば、住宅に関して買い手が持つ主要な質問は75個に分類できるという。数百~数千パターンの質問は、それら75個の質問を言い換えたに過ぎないそうだ。

レックスを利用すれば、家を販売する家主・オーナーたちにも利益がある。通常、不動産業者には6%の販売手数料を支払うが、レックスを通じて販売が決定した場合は2%だけを支払えばよい。

NAR(全米不動産仲介協会)が発表した2016年の統計によると、米国内の89%の住宅が不動産業者(仲介業者)を通じて取引されていた。一方、間に仲介業者を置かず住宅所有者が直接取引するケースは8%のみだ。しかし、この8%には高級住宅が多く含まれており、レックスはその割合を増やしていくことを目標にするとしている。なおレックスには、高級住宅を販売したいオーナーの情報を収集・接近し、低い手数料で購入者を探すというサービス面もある。現在、レックスの市場はサンディエゴに始まり、ニューヨーク、LAなど徐々に拡大しているという。

一方、人間に代わって賃貸住宅を案内してくれるロボットも登場した。開発したのは、サンフランシスコの賃貸管理会社ゼンプレイス(Zenplace)だ。同社は迅速に顧客を案内するためロボットを開発。最終的に、賃貸住宅の空室期間を減らすことを目標としている。

記事タイトル:不動産業界で進む人工知能&ロボット投入…仲介業務を代替
引用元サイト:https://roboteer-tokyo.com/archives/12676

About yuuki

Check Also

AI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」学校法人佐藤栄学園 さとえ学園小学校で導入:時事ドットコム

[コンパス] ~AI(人工知能 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です