Home / Uncategorized / 愛着のある家だがつぶすしかない…豪雨被害の住民が悲痛な思い

愛着のある家だがつぶすしかない…豪雨被害の住民が悲痛な思い

ざっくり言うと

西日本豪雨により、岡山・倉敷市の家が2階まで水に漬かった79歳の男性
30代後半で購入した愛着のある自宅では、家財が散乱し床には大量の泥が
「きれいにするにもお金が掛かり、つぶすしかない」と悲痛な表情で話した

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15004681/

About yuuki

Check Also

三菱UFJ子会社、中国SNS「ウィーチャット」と提携

 あなたの好きな日本のいいとこ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です