Home / Uncategorized / ジャパン碁コングレス:開幕 世界から集結し対局 きょう、女流棋士トーナメントも /兵庫 – 毎日新聞

ジャパン碁コングレス:開幕 世界から集結し対局 きょう、女流棋士トーナメントも /兵庫 – 毎日新聞


 世界各地から囲碁ファンが集まり交流する「ジャパン碁コングレス」が13日、宝塚市立文化施設ソリオホール(市栄町2)で始まった。今年は18の国・地域から925人が参加。16日までの大会中、自由に対局したり、2人1組のペアでの碁大会が開かれたりする。

 碁コングレスは欧米で行われてきた囲碁大会。日本では2016年から宝塚市で開かれており、3回目。

 13日は囲碁を通じた認知機能の向上や発達障害の治療などをテーマにした囲碁学会が開催されたほか、囲碁の国産人工知能(AI)の「DeepZenGo」(Zen)とプロ棋士チームの公開対局も行われた。

 会場は、日本人と外国人、外国人同士の対局などが盛んに行われた。上海から参加した女性(27)は「いろいろな国の人と交流できるのが楽しみ。囲碁が強い日本人と対戦してみたいし、アメリカ人がどんな手を打つのかも見てみたい」と話していた。

 14日には、今大会の見どころとなる女流棋士トーナメントがある。趙恵連九段(韓国)と黒嘉嘉七段(台湾)、吉田美香八段(日本)と〓廼偉九段(中国)が対戦。勝者同士の決勝で東アジアの女流棋士ナンバーワンを決める。【石川勝義】

〔阪神版〕

記事タイトル:ジャパン碁コングレス:開幕 世界から集結し対局 きょう、女流棋士トーナメントも /兵庫 – 毎日新聞
引用元サイト:http://mainichi.jp/articles/20180714/ddl/k28/040/363000c

About yuuki

Check Also

パリ協定採択 世界で温暖化対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です