Home / Uncategorized / AIの景気判断、2四半期ぶりに低下

AIの景気判断、2四半期ぶりに低下

 大和総研は13日、地域景気判断「大和地域AIインデックス」の7月指数を発表した。日銀の地域経済報告「さくらリポート」の文章を人工知能(AI)が数値化したもので、関東甲信越の指数は53.5と前回(4月)より1.7ポイント低下した。低下は2四半期ぶりとなる。

 さくらリポートでは4月の関東甲信越の企業の景況感を「改善している」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事タイトル:AIの景気判断、2四半期ぶりに低下
引用元サイト:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3299420013072018L83000/

About yuuki

Check Also

ジンキ米内務長官が2018年内で辞任へ 複数のスキャンダルが浮上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です