Home / Uncategorized / 放射能汚染の場所が見えるカメラを開発 廃炉作業などに期待

放射能汚染の場所が見えるカメラを開発 廃炉作業などに期待

ざっくり言うと

日本原子力研究開発機構は、放射能で汚染された場所が見えるカメラを開発
遠隔操作で動くロボットの上部に設置され、汚染が強い場所は赤く映るという
廃炉作業において、作業員の安全を確保するためなどに活用されるようだ

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15224038/

About yuuki

Check Also

ポルシェ ディーゼル車販売撤退

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です