Home / Uncategorized / 成果のでるチームはサクッと答えられる「6つの問い」とは何か?

成果のでるチームはサクッと答えられる「6つの問い」とは何か?

 あなたのチームには「2つのストーリー」がありますか?
   
  ・
  ・
  ・
    
 よきチームには、異なるレベルの2つのストーリーがあるように思います。
 2つのストーリーとはアワストーリー(Our Story)とマイストーリー(My Story)です。
 目標に対して、それを追求しなければならない理由を表現し、人々を動機づける意味づけのことを、ここではストーリーとよびます。
    
 Our Storyとは、文字通り、チームのストーリーです。チームが、なぜ、目標に対して動かなくてはならないのか、を表現します。
 ストーリーは、Why do? Why us? Why now? という3つの水準から構成されます。
    
 【Our story : わたしたちのチームのストーリー】
  1.Why do?(なぜ、私たちはやるのか? 私たちは何をめざすのか?)
  2.Why us?(なぜ、わたしたちが、やらなくてはならぬのか?)
  3.Why now?(なぜ、今なのか?)
  
 Our Storyが構成されますと、その次に重要になってくるのが、個人です。
 チームの構成メンバーひとりひとりが、チームのめざすものに対して、自分自身が動く理由を意味づけるプロセスです。これが、My Storyです。My Storyも、やはり、Why do? Why me? Why now? という3つの水準から構成されます。
  
 【My story:現場のわたしが感じるストーリー】
  1.Why do?(なぜ、自分がやるのか? 自分は何をめざすのか?)
  2.Why me?(なぜ、わたしが、やらなくてはならぬのか?)
  3.Why now?(なぜ、今なのか?)
  
 個人的な経験ですが、これらの質問項目に対して、すべて十全に満たされているチームや組織では、あまり問題が起こらないような気がします。
  
 逆にいうと、なんか最近しっくりきてないなー、なんかギクシャクしているな、と思われるチームでは、この2つのストーリーに意味づけ不全が起こっているような気がします。これは、自戒を込めて申し上げます・・・すみません(笑)。
  
 ▼
  
 今日はチームが効果的に動きだすためのストーリーについてお話ししました。すこし専門的にいえば、目標達成に対するチームレベル、個人レベルの意味づけが効果性にもたらす影響、ということになるのでしょうか。6つの質問項目をチェックするだけなので、わりと簡単にチェックできるのかな、と思います。
  
 あなたのチームには「2つのストーリー」がありますか?
 あなたのチームメンバーは、Why do? Why us? Why now?に答えることができますか?
  
 そして人生はつづく
   
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  
  
 ーーー
    【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約8300名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
  
 

続きを読む:http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/9325

About yuuki

Check Also

ポルシェ ディーゼル車販売撤退

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です