Home / Uncategorized / 全米オープン主審が選手へ過剰介入し問題に 敗れた選手は憤慨

全米オープン主審が選手へ過剰介入し問題に 敗れた選手は憤慨

ざっくり言うと

30日の全米オープン男子シングルス2回戦で、主審の「過剰介入」があった
第1セットを取られたキリオスに、激励するような言葉をかけたとされる
キリオスが逆転勝ちし、敗れた選手は「彼はコーチじゃない」と憤慨している

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15236155/

About yuuki

Check Also

「名探偵コナン」10カ月ぶりに最新刊発売 スピンオフ漫画も同時発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です