Home / Uncategorized / 仏が旧植民地独立派への拷問認める タブー視されてきた残虐行為

仏が旧植民地独立派への拷問認める タブー視されてきた残虐行為

ざっくり言うと

仏のマクロン大統領は、旧植民地独立派を政府が拷問していた事実を認めた
「汚い戦争」の国家責任を認めたのは、仏の歴代大統領で初めて
旧植民地の独立戦争中などにおける、仏軍の残虐行為はタブー視されてきた

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15314730/

About yuuki

Check Also

「パリ・コレ」が開幕 新作披露

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です