Home / Uncategorized / 何もかも後付けの「自己弁護」に 記者が見た八角理事長の残念な言動

何もかも後付けの「自己弁護」に 記者が見た八角理事長の残念な言動

ざっくり言うと

貴乃花の弟子の引き受けを、全一門が協議する予定だったと語った八角理事長
実際には、強硬に受け入れ反対の一門や親方もいたようだと記者は明かした
八角理事長の主張は、後付けの「自己弁護」のように聞こえるとも述べた

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15387569/

About yuuki

Check Also

日産自動車がゴーン容疑者の姉を提訴 契約のアドバイザー業務せず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です