Home / Uncategorized / ニセの診断書で346日にわたり休暇や休職 札幌市職員を懲戒免職処分

ニセの診断書で346日にわたり休暇や休職 札幌市職員を懲戒免職処分

ざっくり言うと

札幌市は11月30日、42歳の男性職員を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した
診断書などを偽造し、計346日にわたって休暇や休職を繰り返したとされる
市は、有印私文書偽造・同行使の容疑で札幌南署に刑事告発する方針とのこと

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15675328/

About yuuki

Check Also

社員の疲労と眠気 センサー判定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です