Home / Uncategorized / 吉澤ひとみ被告への執行猶予5年は「ほぼ実刑」の意味合いか

吉澤ひとみ被告への執行猶予5年は「ほぼ実刑」の意味合いか

ざっくり言うと

11月30日、吉澤ひとみ被告に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された
「執行猶予5年」とは「刑務所の塀の上を歩いているようなもの」と元検事
「『実刑にしてもよかったんですよ』という地裁の気持ちの表れ」と説明した

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15674554/

About yuuki

Check Also

社員の疲労と眠気 センサー判定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です