Home / Uncategorized / カレーのスパイスに含まれるウコン 加熱すると胃がんを抑制する効果か

カレーのスパイスに含まれるウコン 加熱すると胃がんを抑制する効果か

ざっくり言うと

秋田大などのグループが、カレーのスパイスに含まれるウコンについて発表
ウコンの主成分を加熱してできる化合物には、胃がんの抑制効果があるという
この化合物を多く含むカレーの開発などに、応用が期待できるそう

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15680907/

About yuuki

Check Also

ジンキ米内務長官が2018年内で辞任へ 複数のスキャンダルが浮上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です