Home / Uncategorized / レンタカー利用の無差別殺傷に万全の対応は困難「現実的な脅威」

レンタカー利用の無差別殺傷に万全の対応は困難「現実的な脅威」

ざっくり言うと

レンタカーを用いた無差別殺傷事件は現状、万全の対応は困難だという
車両は日常の移動手段であるため、犯行計画が露呈する可能性は低いのだそう
「現実的な脅威」とされる車両テロに対し、警察幹部は警戒を強めている

続きを読む:http://news.livedoor.com/article/detail/15822299/

About yuuki

Check Also

老舗ホテル 今年も異例の10連休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です