Home / IT・科学 / OSSを利用する多くのソフトウェアで脆弱性対応の不備やライセンス問題が存在する | スラド セキュリティ

OSSを利用する多くのソフトウェアで脆弱性対応の不備やライセンス問題が存在する | スラド セキュリティ

オープンソースソフトウェアの管理や監査、セキュリティ調査などを手がける米Black Duckによると、オープンソースソフトウェアを採用する企業の多くで、発見された脆弱性を放置したままにしているという問題があるという( Bl続きを表示

元のサイトで記事をよむ

About yuuki

Check Also

オープンソースのLikerdプロジェクト、マイクロサービス界のTCP/IPになる旅の第1歩

オー …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です