Home / はてなブックマーク - テクノロジー / 有望な精子を人工知能が判別・評価するシステムの開発に成功 | 大学ジャーナルオンライン

有望な精子を人工知能が判別・評価するシステムの開発に成功 | 大学ジャーナルオンライン

 横浜国立大学工学研究院の濱上知樹教授らの研究グループは、男性不妊治療において胚培養士が行う TESE(Testicular Sperm Extraction: 精巣内精子採取術)を、人工知能(AI)を使って支援するシステムを開発した。  男性不妊の中でも無精子症の症例数は2~16%を占めると言われている。その治療方法としては、精巣から精子を採取する技術であるTESEが知られているが、この方法は限られた時間で有望な精子を見つけて回収するため、高い細胞識別能力が要求される。そのため胚培養士の負担は極めて高く、……

抜粋文字数:256文字 元記事を読む

Check Also

AIを使うには“疑う力”が欠かせない データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」に望むこと (1/3) – ITmedia NEWS

 NHK総合で「AIに聞いてみ …

コメントを残す