Home / サンケイスポーツ

サンケイスポーツ

神戸・ポドルスキ、監督交代に「うまくいかなかった」

 サッカーJ1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が17日、神戸市内の練習施設で取材に応じ、急な監督交代について「驚きはもちろんある。監督がそのままでみんなで成長できたら良かったが、うまくいかなかった。その中で、自分たちはやっていかないといけないし、そういう経験もしてきた」と話した。神戸は今季、アジア・チャンピオンズリーグ出場を目指しているが、7試合を終えて、3勝1分け3敗の勝ち点10で10位だった。

元サイトで見る

川内、連覇ならず17位 プロ転向後初レースで惨敗 井上が日本勢最高の12位/ボストンマラソン

 第123回ボストンマラソン(15日、米ボストン)日本勢は昨年のアジア大会覇者・井上大仁(26)=MHPS=が2時間11分53秒で12位が最高だった。昨年大会覇者の川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損害保険=は2時間15分29秒で17位に終わり、連覇を逃した。ローレンス・チェロノ(30)=ケニア=が2時間7分57秒で制した。ボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため公認記録とはならない。

元サイトで見る

【皐月賞】4戦全勝!サートゥルナーリア年明け初戦で1冠奪取 ルメール騎手はクラシック完全制覇

 4月14日の中山11Rで行われた第79回皐月賞(3歳、GI、芝2000メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、C.ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が4戦全勝で牡馬クラシック3冠初戦を制した。

元サイトで見る

紀平、3回転半転倒でフリー138・37点で5位 日本は2位で連覇ならず/フィギュア

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦最終日(13日、マリンメッセ福岡)女子フリーで、紀平梨花(16)=関大KFSC=は138・37点で5位、坂本花織(19)=シスメックス=は自己ベストの146・70点で3位、エリザベータ・トゥクタミシェワ(22)=ロシア=が153・89点で1位だった。

元サイトで見る

フジ宮澤智アナ「グッディ!」途中退席、診断受け急性胃腸炎と判明

 フジテレビの宮澤智アナウンサー(29)が12日、ニュースキャスターの安藤優子(60)、俳優の高橋克実(58)とともにメインキャスターを務める情報番組「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)の生放送中、体調不良のため途中退席した。

元サイトで見る

宇野、世界初大技成功ならずフリー3位 チェンが1位 日本は2位で最終日へ/フィギュア

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦第2日(12日、マリンメッセ福岡)男子フリーで宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が189・46点で3位。成功させれば国際連盟(ISU)公認大会で世界初となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-4回転トーループの連続技に挑んだが、4回転トーループで転倒した。田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=は自己ベストの169・79点で6位、世界選手権2連覇のネーサン・チェン(19)=米国=が199・49点で1位だった。

元サイトで見る

宇野、SP92・78点で3位 チェンが101・95点で1位 日本は2位発進/フィギュア

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦(11日、マリンメッセ福岡)日本が3種目合計48点で2位発進した。男子ショートプログラム(SP)で、宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は92・78点で3位、田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=は89・05点で4位。世界選手権2連覇のネーサン・チェン(19)=米国=が101・95点で1位だった。

元サイトで見る

紀平、SP世界最高83・97点で1位!坂本は76・95点で3位/フィギュア

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦(11日、マリンメッセ福岡)女子ショートプログラム(SP)で、紀平梨花(16)=関大KFSC=がルール改正後、世界最高の83・97点で1位、エリザベータ・トゥクタミシェワ(22)=ロシア=が80・54点で2位、坂本花織(19)=シスメックス=は76・95点で3位だった。

元サイトで見る