Home / デイリー新潮

デイリー新潮

「マー活」ブームでイベントに10万人 商社は花椒を買い占め!?

 激辛ブームが日本で起きて久しいが、近年はこれまでとは違う“辛さ”が流行している。唐辛子、ハバネロを5倍、10倍と辛くするといったものではなく、舌がヒリヒリとシビれるような本場・中華料理の独特の辛さ「マー(麻)」が人気なのだ。今、日本で巻き起こっている空前の“マー活”ブームの実態に迫る。

元サイトで見る

有休を取り家で仕事、ヤミ出勤にヤミ残業… 「働き方改革」という時短ハラスメント

「働き方改革」が国を滅ぼす(1/2)  快適に働けるに越したことはないが、安倍総理がしたり顔で進める働き方改革には、顔を曇らせる人が多い。そりゃそうだ。仕事量はそのままに残業を減らせば、だれかにしわ寄せが。人一倍の努力も拒まれればスキルも身につかない。その先には亡国の悲劇が……。

元サイトで見る

元「双羽黒」北尾さん逝去 一人娘が振り返る“空白の15年”

 この人ほど、破天荒という言葉が相応しい人もいないのではないか。現役横綱「双羽黒」のまま廃業すると、その後、プロレスラー、総合格闘家など職を転々とした北尾光司氏(享年55)。しかし、ここ15年ほど、表舞台には姿を見せなくなっていた。一体、何をしていたのか。亡くなるまでの「空白期間」を、美人と評判の一人娘(24)が明かす。

元サイトで見る

〈なつぞら〉「粟野咲莉」で思い出す「おしん」、歴代ヒロインが続々出演の大サービス

 NHK朝ドラ「なつぞら」がスタートした。なにせ記念すべき第100作目なのである。失敗作などと言われては、NHKの沽券に関わる。ヒロインはオーディションなしで広瀬すず(20)を指名。主題歌はスピッツ、語りにはNHKへの貢献度抜群の内村光良(54)、そして岡田将生(29)、吉沢亮(25)、山田裕貴(28)といったイケメンも取り揃えた。

元サイトで見る