Home / ニュースイッチ

ニュースイッチ

バイクも「買うから借りる」へ、広がるレンタル

押し寄せる消費の変化の波、モノからコトへ  2輪車のレンタルが広がっている。川崎重工業が自社製2輪車のレンタルサービスに乗り出した。新事業として育てつつ、顧客の需要を調べて商品やサービスの向上に生かす。ヤマハ発動機は2輪車のレンタルを全国展開するほか、ホンダの販売店などでも取り組みが拡大している。「モノからコトへ」の消費の変化が2輪車にも現れ始めた。

元サイトで見る

駅ナカ支配人も兼務、駅長の仕事はどこまで変わる?

「武蔵境駅」にみるイノベーションの潮流  交通の要衝である「駅」の役割が、時代とともに変わり始めている。こうした駅の変化が地域経済や鉄道事業者の経営にもたらす影響も少なくない。人口減少が進む地域では、駅に病院や役所など公共機能を取り入れ、電車利用以外の人が集まる仕組み作りが加速する。その一方、太陽光発電など再生可能エネルギーを取り入れるエコステーションや、訪日外国人(インバウンド)の拡大で多言語対応システムを導入するなど駅を取り巻く環境や時代の変化に合わせ、最新技術を取り入れる動きもある。

元サイトで見る

「F-35A」墜落原因の究明、米側の軍事機密が壁に?

日本側に責任が負わされるケースも  航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機「F―35A」が青森県三沢市沖で訓練中に墜落した問題で、防衛省は海中に沈んだ機体の回収を目指すとともに、航空幕僚監部内に航空事故調査委員会を立ち上げ、原因究明を急ぐ。ただF―35Aは最新軍事機密の塊で、米軍や米ロッキード・マーチンが関連情報をどこまで開示するかは不透明。曖昧な幕引きや、日本側に責任が負わされるケースも想定される。

元サイトで見る

電動化特許の無償提供に踏み切ったトヨタ、「攻め」と「守り」の潮目

「(HV技術の)囲い込みを反省した」  ハイブリッド車(HV)を中心とした電動化技術の特許を無償提供することを決めたトヨタ自動車。モーターやパワーコントロールユニット(PCU)といった中核技術の特許を含め、約2万3740件が対象となる。電動車を開発するのに必要な中核システムを他の自動車メーカーが採用する際、トヨタは技術支援も担う。寺師茂樹副社長は「世界的に燃費規制が強化される中、グローバルに電動化技術を共有できる取り組みが必要だ」と話す。トヨタは潮目の変化をどう読んでいるのかー。

元サイトで見る