Home / 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

iPS網膜移植、治療実用化へ「7合目まできた」 世界初臨床研究で移植の5人、経過良好

 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)や理化学研究所生命機能科学研究センター(同)などのチームは18日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作った網膜の細胞を移植する世界初の臨床研究で、移植した5人全員の網膜下で細胞の定着が確認されるなど経過が良好であることを明らかにした。詳細な術後経過の公表は初めて。

元サイトで見る

暴力団組長、商店街で刺され重傷 出頭の男2人逮捕 神戸・中央区

 18日午前0時5分ごろ、神戸市中央区筒井町3の路上で「男性が尻と肩を刺され、倒れている」と女性の声で110番があった。男性は重傷とみられるが意識はあり、命に別条はないもよう。捜査関係者によると、いずれも50代の暴力団関係者とみられる男2人が出頭し、兵庫県警が殺人未遂容疑で逮捕した。

元サイトで見る

出会えたらラッキー♪島で半世紀“幻の味”チャルメラ 兵庫・淡路島の屋台ラーメン

 チャラリーララ、チャラリラララ~。懐かしいチャルメラの音色と赤ちょうちんをひっさげて、きょうも軽トラックがやってくる。手を上げると立ち止まり、慣れた手つきでラーメンを仕上げて「はい、お待ち」。兵庫県の淡路島内を巡回し、屋台ラーメンを続けること半世紀近く。島とともに歩んできた「淡路軒」を、あなたはご存じですか?(上田勇紀)

元サイトで見る

J1神戸 リージョ監督の意向で契約解除

 サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸は17日、スペイン出身のフアンマヌエル・リージョ監督(53)との契約を解除すると発表した。今季リーグ戦の約5分の1を終えた段階だが、本人の意向としている。後任には前監督を務めた吉田孝行氏(42)が就く。

元サイトで見る

J1神戸 リージョ監督との契約解除

 サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸は17日、スペイン出身のフアンマヌエル・リージョ監督(53)との契約を解除すると発表した。今季リーグ戦の約5分の1を終えた段階だが、本人の意向としている。後任には前監督を務めた吉田孝行氏(42)が就く。

元サイトで見る

中学女子バスケ部で保護者が部員4人に平手打ち 顧問は黙認、目撃の部員不登校に

 兵庫県朝来市立梁瀬中学校(同市山東町楽音寺)の女子バスケットボール部が昨年8月に3位に入った全国中学校体育大会(全中)前の練習中、保護者の1人が部員4人(当時3年)を平手打ちする体罰を見た1人の部員が恐怖から不登校になっていることが分かった。居合わせた当時の顧問教諭や外部コーチ(当時は朝来中学校教諭)は体罰を黙認し、学校に報告していなかった。(長谷部崇)

元サイトで見る

中学女子バスケ部で保護者男性が部員4人に体罰 顧問は黙認、平手打ち目撃の部員が不登校に

 兵庫県朝来市立梁瀬中学校(同市山東町楽音寺)の女子バスケットボール部が昨年8月に3位に入った全国中学校体育大会(全中)前の練習中、保護者の1人が部員4人(当時3年)を平手打ちする体罰を見た1人の部員が恐怖から不登校になっていることが分かった。居合わせた当時の顧問教諭や外部コーチ(当時は朝来中学校教諭)は体罰を黙認し、学校に報告していなかった。(長谷部崇)

元サイトで見る

神戸市教育長が陳謝「遺族に寄り添えず、痛恨」 神戸中3自殺 市再調査委「いじめ主因」

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、同市がいじめと自殺の関係を明らかにするために設置した市いじめ問題再調査委員会は16日、いじめが自殺の大きな要因とする調査結果を発表した。自殺直後、市教育委員会が非公表で設置した第三者委員会の調査では、いじめを認定したが、要因の一つという位置付けで、遺族が再調査を求めていた。市教委の長田淳教育長は「遺族に寄り添うことができず、痛恨の極み。報告までに2年半を要し、深くおわび申し上げる」と陳謝した。(井上 駿)

元サイトで見る

神戸ビーフの精液、国外流出を防ぐには

 和牛の精液や受精卵を中国に不正に持ち出したとして、家畜伝染病予防法違反の疑いで、徳島県の牧場経営者ら3人が大阪府警に逮捕されました。国内の畜産農家はおいしさを極めようと、高品質の肉となる牛を選抜し、増やしてきました。その最高峰が「神戸ビーフ」になる但馬牛(うし)です。兵庫県の畜産農家は「大切な遺伝資源(精液や受精卵)が国外に流出すると大打撃を受けかねない」と危機感を募らせています。その訳とは-。(山路 進)

元サイトで見る