Home / Yahoo!ニュース 特集

Yahoo!ニュース 特集

選手の「酷使」や保護者の「お茶当番」――縮小する少年野球が抱える課題

「小さい子どもが投げ過ぎて手術を受けている」――。今年1月、横浜DeNAベイスターズ・筒香嘉智選手の記者会見での少年野球に対する問題提起は、野球関係者のみならず社会に衝撃を与えた。少年野球における選手の酷使、保護者の「お茶当番」という「ボランティア」の強制。関係者の証言を集めた。(ライター・菊地高弘/写真・遠崎智宏/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

「音楽は空気の振動に戻りつつある」 小山田圭吾と音楽の30年

平成の30年間は音楽をめぐる環境が大きく変わる時代だった。CDのミリオンセラーが何作も出る時代からストリーミングの時代へ。この30年、国内外の第一線で活動してきたCorneliusこと小山田圭吾さんは時代の変化について「音楽が原初に近い形に戻ってきた」と言う。平成元年にフリッパーズ・ギターでデビューし、「渋谷系」と評されてポップアイコンに。かと思うと、ギタリストとしてYMOの面々やオノ・ヨーコさんらとバンドを組むなど、海外でも高い人気を誇ってきた。小山田さんにとって、この30年とはどういう時代だったのか。(ジャーナリスト・森健/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

「がんになっても働きたい」――治療と就労を両立させるには

日本人の2人に1人ががんになる現在、働くあなたが突然、がんを宣告されたら? 医学の進歩でがんは「不治の病」から「長く付き合う病気」に変わってはきた。実際、抗がん剤の副作用などを抱えつつも、時間短縮や在宅の勤務を希望する患者は増えている。その一方、企業側はたいてい、治療中のがん患者に対しても、フルタイム勤務を求める。がん治療と就労。その両立問題に直面した人たちに、「何が問題なのか」を聞いて歩いた。(飯島一孝/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

「溺れてももがかない。かえって沈むから」――「才能のなさ」に打ち勝ったスガ シカオの気付き

社会人生活を経て、30歳で遅咲きのデビューを果たしたスガ シカオ(52)。それから間もなく、初めて作詞のみを手掛けたのがSMAPの「夜空ノムコウ」だった。20年以上、音楽一筋で生き、難聴や所属事務所からの独立など、苦境も“サバイブ”してきた。今も一人、スタジオにこもって曲を作り、曲ができないときには「デビュー前と同じかそれ以下まで落ち込む」。業界の変化やスランプを、どう乗り越えてきたのか。(ライター:内田正樹/撮影:野村佐紀子/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

「私は向いていないと思う」――欅坂46・渡邉理佐がそれでもステージに立つ理由

「前に出たいとはあまり思いません」「ガツガツしすぎるのは自分じゃない気がする」――欅坂46・渡邉理佐(20)の自己分析は控えめだ。欅坂46の主要メンバーとしてだけでなく、ファッション誌『non-no』の専属モデルとしても活動する渡邉。同誌5月号では初のソロ表紙を飾るなど、読者からの支持も集めている。  それでも渡邉は、幼いころから変わらず、ずっと人前に立つことが苦手なままだという。彼女は、なぜアイドルという仕事を選び、何万人もの前で歌い踊り続けているのだろうか。(取材・文:左藤豊/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

「自ら泥沼にはまらないと、次の道は開けない」――2年の休業を経て、大沢たかおが挑む逆境

俳優デビューから25年を迎えた、大沢たかお。2018年の夏には、ミュージカルの聖地・ロンドンのウエストエンドで舞台に立った。実はその少し前、2年ほど俳優の仕事を離れていたという。「2年間ぼうっとしていたから、異様にエネルギーがたまっていた」。なぜ休んだのか。そして今、エネルギーの向かう先は。(取材・文:水田静子/撮影:岡本隆史/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

子どもを巡る悲しいニュースの裏で、守る大人もいる――元教師の作家が語る「優しい大人たち」

親による虐待死、いじめ自殺--子どもを巡る悲しいニュースが相次ぎ、大きく報道されている。その一方で、このようなニュースに慣れてしまってはいないだろうか。2019年の本屋大賞に選ばれた『そして、バトンは渡された』の著者、瀬尾まいこは15年間教壇に立った元教師、そして一児の母でもある。子どもの世界を教師として、母として見てきた瀬尾が描く作品は、大人の優しさや愛を描き、話題になっている。なぜ、瀬尾が描く作品は「優しい」のか。(Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

実態は「労働者」なのに…… 「名ばかり事業主」の苦しみとは

働く場所も勤務時間も仕事の段取りも会社に決められている「労働者」なのに、契約上は「個人事業主」――。そんな矛盾した仕組みの下で、働かされている人たちがいる。個人事業主には原則、労働基準法が適用されないことから、残業代未払い、休憩なしの長時間労働、最低賃金以下といった「働かせ放題」が一部でまかり通っているのだという。行政に相談しても「あなたは労働者ではない」と門前払いされるケースもある。「名ばかり事業主」の現場を追った。(藤田和恵/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る

このままだと壊れてしまうーーATSUSHIがEXILEから離れた1年半、「休む」がくれた希望

日本を代表するダンス・ボーカルグループ・EXILE。2001年のデビュー当時からボーカリストとして最前線に立ってきたのがATSUSHIだ。ところが、キャリアの絶頂期の2016年に異変が起こる。このままだと壊れてしまう――。突然の「休養・留学宣言」。なぜ彼は一時音楽業界を離れ、単身渡米を選んだのか。39歳を迎える今、ATSUSHIがあのときの決断を振り返る。(文:中西啓/撮影:吉場正和/Yahoo!ニュース 特集編集部)

元サイトで見る